MENU

アンダーヘア用のヒートカッター

アンダーヘアの脱毛やお手入れは、今や常識になりつつあります。

 

海外のセレブたちのなかでは当たり前にアンダーヘアのお手入れがされているようで、なかにはアンダーヘアをすべて脱毛してしまう方も少なくないそうです。

 

少し前は、日本人になかなか受け入れられないことでしたが、最近は、エステサロンでもアンダーヘア脱毛のコースができ、徐々にアンダーヘアのお手入れや、脱毛をする方が増えています
サロンで脱毛の施術を受けないにしろ、自宅でカミソリやはさみを使って、アンダーヘアを整えている女性は多いですよね。

 

量をカットしたり、形を整えたりは、常識になりつつあり、そのための器具もいろいろと販売されるようになりました。

 

はさみやカミソリは、お金もかからず手軽なケア方法なのですが、その後、新しく毛が生えたときにチクチクしたり、切り口が鋭くなってショーツを突き抜けたりするトラブルがあります。

 

その毛先を線香や火を使って焼いて丸めるという方法も昔からあるようですが、デリケートゾーンに火を使うことは危険でしょう。

 

やけどでもしたら大変なことになりますからね。

 

そこで、自宅でもアンダーヘアが簡単に処理できるヒートカッターが登場しました。

 

とても重宝する商品ですから、すでに使用されている方も多いでしょう。

 

アンダーヘアを整えるには、とても便利な商品であり、安全性も高く、また、それほど値段は高くありませんから、女性にとってはありがたい存在だと思います。

 

 

 

はさみでカットしてチクチクしてしまうという方もヒートカッターを使えば、毛先が丸く焼き切れますので、そのようなトラブルはもうおこりませんので、満足度が高い商品でしょう。

 

ただ、ヒートカッターのデメリットは、熱線の届く範囲が狭くなっているので、広い範囲を一度に処理できないところです。

 

脱毛したい部分が広くある方はそれだけ時間がかかってしまうので、一気に終わらせようとすると時間をたっぷり作っておく必要があります
それから、毛を焼くときの独特なにおいがしてしまうことも、においが気になる方にとってはデメリットかもしれません。

 

そして、毛のすべてを脱毛することができないこと、つまり、根元から毛を取るものではないため、カットのためにしか使えません。

 

そもそもヒートカッターは、アンダーヘアなどを短くカットするための商品ですので、脱毛器具とは違いますから、根元から毛を取りたい場合は、脱毛器やワックス、除毛クリームを使うとよいでしょう。

 

ヒートカッターは電気を使う商品ですので、品によってはパワーが強いもの、弱いものとあります。

 

格安な商品も出回っていますが、効率よくハイパワーでアンダーヘアの処理をしたい場合は、小さいスティック型のものより、しっかりとしたアダプター式のヒートカッターがおすすめです。

 

そして、使う際は、毛を引っぱり、のばしすぎた状態でカットすると、毛先が丸めにくくなりますのではさみを使ったときと同じようにチクチクしてしまいますから、注意しましょう。

 

また、使用後はきちんとお手入れをしておかないと、毛が器械に残ってこげてしまったり、パワーが存分に出せないことがあったりしますので、お掃除をしておきましょう。

 

 

 

実際に、ヒートカッターを使って、アンダーヘアの処理をするとなると、どのようにお手入れをしたらよいのかわからない方も多いでしょう。

 

まず、スタイルですが、現在はアンダーヘアの定番が逆三角形スタイルと言われています。

 

Vラインを残した部分を脱毛する、つまり、下着やビキニからはみ出る部分をカットするということで、このスタイルでお手入れをする方が多いです。

 

せっかくセクシーなショーツをはいても、毛がはみでていては彼にがっかりされてしまいますからね。

 

そして、次に人気があるスタイルが、アンダーヘアをハート形にカットすることです。

 

見た目がかわいいので、ハート型にする方も増えていますし、サロンのアンダーヘアの脱毛をする方からのニーズも多いようです。

 

そうは言っても、自然なスタイルが一番よいと思いますので、しっかり形を作っている人よりも、ナチュラルな感じでお手入れをしている程度のほうが一般的にはおすすめです。

 

アンダーヘアの生え方は、人によって違いますので、自分のもとの形を生かしてより自然になるようにお手入れや脱毛ができたら理想的でしょうね。

 

海外ではハイジーナにする方も増えているようですが、日本ではアンダーヘアをすべて脱毛してしまうハイジーナはまだまだ浸透していません。

 

すべて脱毛してしまったほうが衛生的によいと言われていますし、セクシーな下着も問題なく身につけられますので、今後は日本でもハイジーナが流行するかもしれませんね。